MENU

twitter

HOW TO RECORDING

レコーディングをしてみたい!
でも、難しそうだな~。
そんな事はありません!!
このページでは、企画から完成までの流れを 簡単にまとめてみました。
出来る限りのサポートはさせて頂きますので、 初心者の方でも安心してトライしてみて下さい。
また、不明な点などはメールにてご質問ください。

チーフ・エンジニア 伊東英州

レコーディングの流れ

♪ まずは、御予約
まずは、お店にお電話下さい。(以前レコーディングしていただいたバンドさんは、僕の携帯に直接、電話してもらって結構です)お店の予約状況や録音についてお話させていただきます。ジャンルや編成など教えて下さい。御予約は、打ち合わせしながら決める場合もあります。
♪ 打ち合わせ(勿論、無料です)
録音したい曲や録音候補の曲、皆さんのお気に入りのCDなど持って来て頂いて、まずは、打ち合わせしましょう。ひとりひとりの好みを知っていた方が、エンジニアとしてもやりやすいのです。この時に録音方法や全体の流れやスケジュールを決めます。仕上がりは、こんなふうにしたいんだけど・・なんて話しをしてくれるとこちらもいろいろアドヴァイスできると思います。担当2回目以降のバンドさんは、当日に打ち合わせするときもありますが、初めて録音させていただくバンドさんには、顔合わせも含めて1度お話できた方が、録音当日もお互いにリラックスして作業できると思います。遠方のバンドさんは、ライブやリハーサルの音源を送って下さい。
※リハーサルにお邪魔してレコーディングに向けた練習方法などお話させていただく場合もあります。楽器のコンディションなどチェックさせていただき、当日にできるだけ困らないようにしましょう。(レコーディングの御予約を入れていただいたバンドさんには、当スタジオ使用料のみで出張料は、かかりません!)
♪ ベーシック録音

Drums

Bass

録音については、バンドさんや曲ごとに違うのは、当たり前ですがオーソドックスなケースで紹介します。編成は、Drums,Bass,Guitar,Vocal,です。まずは、リズム録音です。ベーシックなリズム録音は、DrumusとBassにより行います。サウンドチェックやヘッドホーンの返りなど調整してから本番になります。できれば、同時にOKテイクを録音したいとろですが、なかなか人間、そうはいかない。そんな時も安心のパンチインが、ありますから皆さん、リラックスして演奏してね。Bassの録音には、ダイレクトボックスを使用して直接、ミキサー卓に送るのが、通常です。これは、BASSアンプの出音が、Drumsのマイクにかぶり込まないためです。リズム録音は、Drumus+Bass+Guitarなんてケースもあります。一発録音やノリ重視のバンドさんは、これでもOK!かぶりこみが、気になるという場合もありますが、希望曲数や予算の関係もあるでしょうからなんとかしま~す。(でも演奏者の人数が、増えると間違える確率も増えるので要注意)
♪ オーバーダビング
Guitar ベーシックトラックにギターソロやイントロソロなどオーバーダビングします。やり直し、パンチインで納得テイクをいただきます。特に、いろいろな楽器や音色によるオーバーダビングが、必要な曲では、曲全体の構成表など持参して頂くと、よりスムーズに進行すると思います。
♪ 歌録音
Vocal 歌詞カードが、あるとよりスムーズに進行すると思います。これをもとに気にくわないフレーズをチェックし必要であれば、パンチインしてVocal トラックを仕上げます。Vocalistは、風邪や体調管理に注意してね。
♪ コーラス録音
注意点としては、音程は勿論、どこまでのばすか・・・などフレーズの終わりにポイントが、あるようです。普段、コーラスのリハーサルを重ねていないとハマる確率は、比較的高いかもしれません。(どんなにハマってもおつき合いしますから、じっくりやりましょう!)余談ですが、コーラスを録音するときは、ギターを持ってないと声が、出ないんだよね(でも、音出さないでね)・・とか裸じゃないと・・・とかたまに面白い人が、いるんですよね。
♪ ミックスダウン
Mix お楽しみは、こからだ~!録音した素材を元に音質、音量など調整してまとめます。効果音など必要であれば、お持ちください。若干の音素材ならこちらでも常備しています。ラジオ風にとかリバーブ、ときにはトビ道具を使用してで作品のクオリティを高めて行きます。
♪ 音圧、曲間調整
コンピューターを使用して音質、音圧、曲間調整など調整してよりクオリティアップ!ミックスされた素材が、更に素晴らしくなります。この行程は、慎重かつ専門的な作業になります。CDプレス用の原盤が、必要であればこの行程で行います。宅録音源やMTR音源などを持ち込まれて、この行程だけを依頼される方もいらっしゃるほど、好評をいただいております。
♪ 完成!!
1日で録音したものや、3ヶ月かかって録音したものなど、進行は、様々です。スタジオサンでは、CDプレスやCD-Rのダビングなど相談をお受けしてます。ここまでくると、バンドさんと妙な信頼関係が、生まれて来ます。録音終了された皆さんとは、録音に関係なくロビーで談笑・・・とか、音源を出して人気が出ました!!とか、あの音源でスポンサーつきました、次もよろしく~!など暖かい声を頂いております。初めてレコーディングをしようと思っていらっしゃる方は、勿論、2回目.3回目となる皆さんも今後ともスタジオサンをよろしくです!

スタジオ・サンでは、レコーディング技術向上を目指し、定期的にレコーディングエンジニアによるレコーディングエンジニアの為の研修をおこなっております。

皆様に安心してレコーディングを楽しんで頂けるよう、これからも頑張っていきます。

Infomation